芸術性の高い手芸とは|フラダンスの衣装は曲に合わせて作成|魅力的なコスチューム
女の人

フラダンスの衣装は曲に合わせて作成|魅力的なコスチューム

芸術性の高い手芸とは

針と糸

中世の生活用品が芸術品に

パッチワークキルトという手芸を、ご存知でしょうか。元々は継ぎはぎという意味を持つパッチワークは、布が希少だった中世ヨーロッパの主婦によって考案されたものです。当初はありあわせの古布を使って、ベッドカバーやタペストリーを作られていました。現代においては、布の種類も選択の幅が広がっていますが、基本的には綿素材が使われることが多いです。そして現代では、モチーフとなる模様などをデザイン化し、色なども考えられて作られ芸術性が高められています。専門の仕事としている人も多数いて、個展なども開かれるほどの人気があるのがパッチワークキルト作品です。近年になって、教室ができるほど人気の出てきたパッチワークキルトで、目立たない存在ですが、実は重要なアイテムとしてパッチワーク糸の存在があります。

後々のことを考えると大事

パッチワークは、布同市を縫い合わせていく手芸の一つです。そうして縫い合わせられたのが、表になります。このパッチワークの表布とキルト芯を挟んで裏布との3層を、縫い合わせるのがパッチワークキルトです。普通の綿糸でも縫えないこともありませんが、専用のパッチワーク糸を使うと仕上がり具合が違ってきます。さらにパッチワーク糸で縫うと、縫いやすさが違うのです。パッチワーク糸は、大物になると最初に考えていたよりも使う量が多いので、どこの店舗でも揃えている商品を選ぶことを勧めます。縫っている途中で違うパッチワーク糸にしてしまうと、糸の強度に違いが出るので後々ほつれやすくなるのです。初心者が初めから大物に挑戦すると、途中で挫折することもあるので、ちょっとした小物から始める方が賢明でしょう。