女性

フラダンスの衣装は曲に合わせて作成|魅力的なコスチューム

Tシャツの作り方

大勢の人

オリジナルTシャツの製作にはお店に注文する方法と手作りの2通りがあります。そして、製作したTシャツを販売する場合は完全なオリジナルデザインでなければならないので注意が必要です。専門店では1点から注文することも出来ますが、まとめて注文した方が1点あたりのコストを抑えることが出来ます。

もっと読む

ユニフォームはネット注文

スポーツ

サッカーの試合に出るためには、サッカーユニフォームの用意は不可欠です。それにユニフォームがあれば、敵と味方の区別がつきやすくなるだけでなく団結力も生まれます。ただしユニフォームはコストがかかるので、それを考えて作らなくてはいけません。その点インターネットの業者は安いので、利用して損はないでしょう。

もっと読む

コスチュームの選び方

女性

歌詞の内容から色を決める

フラダンスは多くの日本人にも愛されており、フラダンスのスクールに通う女性も多いです。フラダンスは激しい動きがないので子供から高齢の方まで楽しく踊ることが出来ます。そんなフラダンスは衣装の華やかさでも人気があります。あまりにも色や柄が豊富なのでどんなデザインを選べば良いのかわからないという方も多い位です。フラダンスの曲には歌詞がありますから、歌詞の内容に相応しい色の衣装などを選ぶ方法があります。愛を歌った唄なら赤やピンクなど、雪の女王の歌詞なら白を、海が出てくる唄ならブルーなど歌詞に合ったものを選ぶのが良いでしょう。またハワイの島々にはそれぞれの色や花がありますから島を歌った唄ならその島の色や花の柄を選ぶのもよいでしょう。

柄の選び方など

フラダンスの衣装は柄にも多くの種類があります。植物をモチーフにしたものや海の動物をモチーフにしたものなど沢山あります。ハワイでは植物や動物にも意味があるので好きな意味などから選ぶのもお勧めです。模様を全体に配した全柄やアクセントの付けられるボーダー柄などもあります。特にスクールなどで決められているデザインなどがなければ、衣装は自分の好きな色や柄を選ぶのが良いでしょう。ハワイアンのショップなどで好きな生地だけを買って自分で縫うという方も中にはいます。パウスカートは着るのも脱ぐのも頭からと言われていますし、トイレにはパウを穿いたまま行くのはいけないとされています。これは神秘の力がパウに宿ると考えられているからです。

芸術性の高い手芸とは

針と糸

元々は中世の時代に古布を剥ぎ合わせて作ったのが、現代ではパッチワークキルトとして人気の手芸の一つになっています。布も大事ですが、裏方的存在として重要なのがパッチワーク糸なのです。出来れば最初から最後まで、同じパッチワーク糸を使用するとほつれにくい作品になります。

もっと読む